家族の介助と看護に疲れた!精神疲労をどうなくすか

若い時分からずっと親の介護をしている人には、悩みなどを打ち明ける知人が案外、近くにいないのを気に病む場合が少なからずあるようです。それは、同世代の友人に介護経験者が少なかったり、親戚交流などが細々としたものになってきているせいもあるようです。三十代で看護・介助に直面している場合は、配偶者がいる人と独身を比べると心労の中身も異なります。つまり結婚していない方は実父母ですが、他方で既婚者は義両親をお世話する可能性があり得ます。どちらにしても心労を一人でため込まないよう留意して下さい。非公的機関の方からも介助・看護サービスに参画する会社企業が近年では増えており、保険の適用対象となる福祉サービスをはじめ、食事の戸別配送、家政のサポートの様な、多種多様な状況にマッチしたプログラムが沢山あるのです。
こうしたものを上手に使い、人にやってもらえることは任してしまうほうがいいですね。大事なことは絶対にひとりでは抱え込まないことです。身近に相談できる人がいないという人は、市役所や地域包括支援センターなどで相談にのってもらえますので、まずは行ってみてください。
そして少しでも自分の時間を作るようにして、リフレッシュするように努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です